こんにちは
社会福祉法人あいく会です

2014(平成26)年に社会福祉法人あいく会 あそかの木保育園として新しく生まれ変わりました。


理念「ビハーラ」

「ビハーラ」とは古代インドのサンスクリット語の ”Vihāra”をそのまま音訳した言葉です。
「精舎・僧院」「心身の安らぎ・くつろぎ」「安心・安息の場所」を意味します。

社会福祉法人あいく会はあそかの木保育園をご利用いただきます、お子様、保護者様にとっての「心身の安らぐ場所」「安心の場所」をご提供させていただきます。

当法人の理念「ビハーラ」を以下のように解し、あそかの木保育園を運営してまいります。

また、ご利用いただきますお子様、保護者様に限らず、地域をはじめとしてあらゆる方々にとっての「安らぎ」「安心」を、ご提供することができるよう、日々精進してまいります。

社会福祉法人あいく会 理事長 桑原 昭信