保育園では保育士の細心の注意と共に、できる限りの危険を取り除き、安全な環境作りに努めておりますが、思いがけない事故が発生することがあります。万が一、怪我などの事故が起こった場合は、保育園で応急処置を行い、病院にて受診していただきます。
保育中の事故、怪我などに対する安全対策として、賠償責任保険に加入しております。

集団生活をする上で、健康管理には十分留意する必要がありますので、特に下記の諸点についてご協力をお願いいたします。
※法定伝染病(コレラや赤痢など)や、下記の病気にかかった場合は登園停止になります。また、下記以外の伝染病の場合は登園を控え、治療後の登園は主治医の診察を受け、その指示に従ってください。

            病 名         登園停止の期間
インフルエンザ解熱してから2日を過ぎるまで
百日咳特有の咳が消えるまで
麻疹(はしか)解熱してから3日を過ぎるまで
急性灰白髄炎(ポリオ)急性期の主な症状が消えるまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)耳下腺の腫れが消えるまで
風疹発疹が消えるまで(3日はしか)
水痘(みずぼうそう)すべての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜炎(プール熱)主な症状が消えて2日を過ぎるまで
溶連菌感染症主な症状が消えるまで

※原則として登園停止の対象にならない主な疾病名は以下の通りです。
・ウィルス性肝炎 ・ヘルパンギーナ ・感染性胃腸炎(ノロ、ロタなど)
・マイコプラズマ肺炎 ・伝染性紅斑(りんご病) ・伝染性膿痂疹(とびひ)
・伝染性軟属腫(水いぼ) ・手足口病